メルラインに配合されている保湿成分の役割

メルラインに配合されている保湿成分としては、水溶性コラーゲンやヒアルロン酸が重要な役割を担っています。

メルラインに含まれる水溶性コラーゲンは一般的なものに比べると純度がとても高く、優れた保湿作用を実現することができます。

ニキビができやすくなっている部分は肌が乾燥していることも多いので、ニキビケアとしても保湿は重要です。

他にもアセチル化ヒアルロン酸という成分が含まれていますが、ヒアルロン酸の作用をより高めたものがこの成分ですので、肌に柔軟性をもたせたり保湿を促す作用もパワーアップしています。

柔軟性が出てくると毛穴に皮脂が詰まりにくくなり、ニキビの原因となるアクネ菌の繁殖を抑えることにもつながります。毛穴の詰まりを無くすことはスキンケア対策として重要なことですので、アセチル化ヒアルロン酸で得られる効果は非常に大きいと言えます。

他にも、メルラインに含まれている膿グリセリンは一般的な保湿化粧品にもよく含まれているグリセリンの純度を高めたものです。これらの働きによって肌バランスを整えれば、細胞が活性化されてターンオーバーも順調になりますので、トラブルが起こりにくくなりますし、多少崩れても治りが早くなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です